体にいいこといっぱい!乳酸菌パワー

菌というと、なにやら人間の体に悪い影響を与える細菌をイメージしがちですが、菌にもいろいろ種類があって、人の体にとてもよい影響を与える菌も存在します。その代表的なものが『乳酸菌』。日常でよく耳にする『乳酸菌』は菌の中でもとても身近に感じますが、いったいどんな働きをするものなのでしょう。

人間の腸にはたくさんの腸内細菌が存在し、その種類は数百種以上、数は約100兆個ともいわれています。その中でも、人の体によい働きをする菌は「善玉菌」、悪い影響を与える菌を「悪玉菌」といいます。

善玉菌は人が食べたものをエネルギーに替えたり有害物質を排泄したりと、人が生きていく上でなくてはならない働きをしています。この善玉菌の代表格ともいえるのが乳酸菌。腸内環境を健康に保つためには、乳酸菌を日常的に摂取し、善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整えることが大切なのです。


腸内環境を整えるだけじゃない

乳酸菌の働きは腸内環境を整えるだけではありません。免疫力の強化、花粉症の予防、アレルギー症状の改善、美肌作用、安眠作用など、人間の健康維持をトータルでサポートしてくれるとても優秀な菌なのです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を健康のために食べる人は多いものですが、乳酸菌にはいろいろな種類があり、それぞれに異なる健康効果があります。

どんな効果が期待できるの?

自分の改善したい症状に効果のある乳酸菌を積極的に食生活に取り入れて、健康な毎日に役立てたいものですね。

では、代表的な乳酸菌とその効果をみてみましょう。


健康に役立つ乳酸菌、その種類と働き

私たちの体にとても有益な効果をもたらしてくれる乳酸菌。たくさんある乳酸菌の中でも代表的なものが、BB536株、BE80株、LB81乳酸菌、シロタ株、LGG菌の6つです。

市販ヨーグルトの商品名に、これらの名前がついているものを見た記憶がある方も多いことでしょう。これらの乳酸菌にはそれぞれ、次のような働きがあります。

BB536株
生きたまま腸に届く乳酸菌。消化活動を活発にし、便秘の改善に効果を発揮します。また、腸内で作る酢酸の殺菌力で免疫力がアップ。花粉症の症状をやわらげる効果もあるといわれています。
BE80株
腸の中の悪玉菌が増えると、食物を分解する際に有毒なガスを出すため食後に膨満感を感じてしまいます。BE80株により腸内細菌のバランスが改善されることで、膨満感を改善する効果が期待できます。
LB81乳酸菌
ブルガリア菌とサーモフィラス菌を混ぜ合わせたもので、便秘の解消、そして肌荒れの改善、アンチエイジングにも役立つ乳酸菌として有名です。ヨーグルトづくりの本場ブルガリアでも使われています。
シロタ株
病原性大腸菌O-157の定着を防ぐ乳酸菌。花粉症の症状の緩和にも役立ちます。高い整腸作用で、大腸がんの発がんリスクを低くするとも言われています。
LGG菌
生きたまま腸に届く乳酸菌。花粉アレルギーの症状を改善する効果や、アトピー性皮膚炎の発生率を低くする効果もあります。

人間の健康にこれほどまでに有益な働きをしてくれる乳酸菌。特に女性にとっては、便秘や美肌に効果があるのは実に嬉しいことですよね。

いろんな種類の乳酸菌を食生活に取り入れて、健康的で美しい毎日を過ごしたいものですね。

参考)乳酸菌サプリ


乳酸菌について学ぶ

乳酸菌を増やして、健康パワーも増強!

乳酸菌を増やして、健康パワーも増強!