インテリア

わが家の1番シンプルでおしゃれなゴミ箱|シンプルヒューマンの4つの良いところ

わが家の1番シンプルでおしゃれなゴミ箱

家を建てて買って良かった物の一つであるシンプルヒューマンのゴミ箱。シンプルでおしゃれなゴミ箱です。

ゴミ箱って1度購入すると壊れることもないので、ずうーっと使い続けることが多いですが、一手間悩んでワンランク上のゴミ箱を買ってみるのもいいですよ。

今回はシンプルヒューマンのゴミ箱についてです。

この記事で分かること

・シンプルヒューマンの4つのいいところ

・ゴミ箱にコストをかけるメリット

 

シンプルでおしゃれなゴミ箱『シンプルヒューマン』

家を建てる前のわが家のゴミ箱はホームセンターで1個数千円のタイプ。安くていいのですが生活感も出るし、樹脂製のフタで壊れやすい。

家を建てたらゴミ箱はこだわりたいと思って購入したのがこの『シンプルヒューマン』のゴミ箱。

ゴミ箱の価格にしては高すぎですが、それでも購入して良かったと思わせてくれたのがこのゴミ箱。

良かったとこはこんなトコ

・どんなキッチン周りでもなじむ

・お手入れがラク/常に清潔感

・5年経っても見た目そのままで壊れない

・無駄にゴミ箱が増えない

価格が価格なので躊躇するところもあったのですが、買ってから後悔したことはなかったです。

『シンプルヒューマン』4つのいいところ

高いには高いなりの理由があるということで、5年間使用して感じたことを紹介していきます。

デザインがシンプル

『シンプルヒューマン』HPにいくと分かるのですが、どのタイプも素材が艶消しステンレスで見た目がスタイリッシュです。

なのでどんな環境にも馴染みやすい存在感になっていると思います。オフィススペース・リビングやキッチン周りでもどんな環境でもおしゃれに設置できると思います。

私の場合は冷蔵庫と並べておいています。

『シンプルヒューマン』のいいところ

お手入れがラク

素材が艶消しステンレスなのでお手入れもラク。汚れても雑巾でサッと一拭きでラクです。普段の手入れは雑巾で、時間に余裕があるときに上蓋と内容器を外して水洗いで買った時の状態が維持できます。

買った時の状態が維持できるのが大きなポイントで、樹脂製のゴミ箱もお手入れはラクなのですが

・色あせ

・傷/凹み/割れ

などがどうしても出てしまい、老朽感が出てしまいます。

その点、『シンプルヒューマン』はステンレス製なので拭けばなんとかなります。また、指紋が付着しにくい加工がしてあるので、手アカが気になったこともありません。

5年経っても壊れない

購入時の不安の一つが、フタの開閉が弱くなってくるのではないか?でした。

実際に5年使用した結果は、

全く問題なかったです。

『シンプルヒューマン』の蓋開閉部はステンレス製ではないのですが、5年経過した今でも問題なくスムーズに開閉します。さらに5年後も問題ないと個人的には思ってます。

安価なゴミ箱だと開閉部は1年も経たないうちに故障してましたが、『シンプルヒューマン』に関しては問題なしでした。

臭いはどうなの?

これまで使用してきてフタをしているのに臭うと感じたことはありません。わが家では稀に生ゴミ(少量ですよ)もそのまま入れることがあるのですが、臭ったことはないです。とは言いつつ、長期間生ゴミを入れたままにはしていないので限度はあると思います。

ただしフタをしている時に限ってです。フタを開いたら当然臭いはします。

シンプルに高くない?

ハイ。高いです。これは間違い無いです。それなりのおしゃれゴミ箱でも2千円〜4千円近くだと思いますが、『シンプルヒューマン』は2万越えこの価格差はどうしようもありません。

私が購入した理由の一つは、リビング・ダイニング・キッチン周りでゴミ箱を1つにしようということでした。なので設置するゴミ箱に求めたのは

・耐久性があるゴミ箱

・清潔感が維持できる

こんなゴミ箱でした。ゴミ箱って少々痛んでてても使えてしまうので、新しいゴミ箱を購入する行動にうつらないんですよね。

割れ窓理論(Wikipedia参照)にあるように痛んだまま使い続けると少しずつ見た目が気にならなくなり、リビング周りの見た目が気にならなくなってしまいます。個人の心の持ちようですが特に私の場合。

なので、ガサツな私には高い買い物でしたが思い切って購入しました。

ゴミ箱の数量を少なくする

リビングやキッチンをきれいに見せるために、できるだけ余分なものは置かないようにしようと思っていました。

なので、こだわりのゴミ箱を置く代わりにリビング・キッチン周りのゴミ箱はその一つだけでまかなっています。さすがにこの価格帯のゴミ箱を複数置くのはお財布に優しくないので。

実際、ゴミ箱一つでも問題なく生活できます。面倒くさがりな私でも慣れてしまえば今では何も感じることなくキッチンのゴミ箱まで捨てにいってます。

安価ゴミ箱を複数置くよりは高いですが、価格には表せないメリットもありました。

様々なタイプがあるシンプルなゴミ箱

『シンプルヒューマン』のゴミ箱は3タイプに分かれています。

センサー型

様々なタイプがあるシンプルなゴミ箱参照:simplehuman HPより

タッチバー型

様々なタイプがあるシンプルなゴミ箱参照:simplehuman HPより

ステップ型

様々なタイプがあるシンプルなゴミ箱参照:simplehuman HPより

 

どのタイプがいいかは個人の好みですが、わが家で購入したのはタッチバー型のスリムタイプCW2016です。

どのタイプがいいの?

私はタッチバーを購入しましたが、今購入するならステップ型を選びます。

理由は、タッチバー型はゴミを持ちながらバーを押すので、バーの部分が汚れます。HPの動画では腰や膝で開けることができるとありますが、腰や膝で開けるのは単純に行儀が悪いのであまりしないです。

また、タッチバー型のメリットはフタを開けっぱなしにすることがですが、開けっぱなしにしたいと思ったことはこれまでありませんでした。

タッチバーはオススメしない点はココ

・タッチバーが汚れやすい
・離れてフタを開けっぱなしにする事は少ない

空間がおしゃれに『シンプルヒューマン』のゴミ箱

わが家のゴミ箱『シンプルヒューマン』について紹介してきました。家の中で生活感が1番出るアイテム「ゴミ箱」。ここを少しこだわるだけで空間が変わってくると思います。

ステンレス製のゴミ箱は『シンプルヒューマン』以外にも様々なメーカーから出ているので気になった方は高級ゴミ箱について調べてみて、ゴミ箱を検討するのもいいかもしれません。